ISPS設立の趣旨

 国際スポーツ振興協会(ISPS)は、「スポーツの力」を強く信じます。

 スポーツには、希望を生み出し、人々を動かして社会を変革する力があります。

 またスポーツは、人々を団結させ、世界中の地域社会に一体感をもたらします。

 そしてスポーツが、世界平和の追求においても、非常に強力なツールになることも、疑いの余地はありません。この信念こそが、ISPSの活動を支える柱になっているのです。

 国際スポーツ振興協会(ISPS)は、もともとスポーツの社会貢献を実践し、障がい者スポーツの、幅広い振興を図るために設立されました。

 このため、ISPSではフィランスロピーの浸透と、ブラインドゴルフや障害者ゴルフなど、ゴルフやスポーツの社会貢献を第一に考えます。そして、「スポーツの力」が平和に役立ち、社会をよりよくすると考え、世界中で色々なスポーツの大会を支援しています。それは、ゴルフ、ボウリング、ボート、アーチェリー、ボクシングなど、多岐にわたります。

 平均寿命がますます伸びる現代では、男性も女性も生き甲斐をもち、人生を健康で豊かにするには、スポーツは欠かせません。その中でも、ゴルフは80才、90才になっても、男女や年齢、国籍、障がいのあるなしを問わず、相手を打ち負かすことなく楽しめる、紳士のスポーツです。

 だから、ISPS ではゴルフ大会を多く支援しています。そして、その大会のプロアマ戦には、ブラインドゴルファーや障がい者ゴルファーを招き、有名選手とプレーできる感動を与えます。

 こうして、ゴルフ全体にスポットを当てながら、同時に、盲目のゴルファーや障がい者ゴルファーに、夢と感動を与え、やる気と生きがいを創るのです。

 このように、ISPS では常に独創的なトーナメントや運営をめざし、ジュニアの育成にも力を注ぎます。以上のような主旨で、ゴルフだけでも、国内と海外で、68試合を主催しているのです。

日本のブラインドゴルフの父

 ISPS 会長である半田晴久氏は、今から 19 年前の 1988 年、日本で最初にブラインドゴルフ倶楽部(現・特定非営利活動法人 日本ブラインドゴルフ振興協会。略称、 JBGA )を設立し、日本に初めてブラインドゴルフを紹介した、「日本のブラインドゴルフの父」として知られています。

HANDA CUP AMERICA 国際スポーツ振興協会
会長 半田晴久

 ブラインドゴルフ(視覚障害者によるゴルフ)は、ベトナム戦争における米国傷痍軍人のメンタル・リカバリーのために始まったもので、現在では、英語圏を中心に世界的に活動が広がっています。

 半田氏が名誉会長を務める日本ブラインドゴルフ振興協会( JBGA )では、国内および海外における、ブラインドゴルフの普及と国際大会の開催に貢献してきました。日本には、現在 100 人以上のブラインド・ゴルファーが育っており、2年に1回、各国持ち回りでワールド・チャンピオンシップが開催されています。

 また、1998年には、半田氏の呼びかけで、5カ国参加の世界盲人ゴルフ協会( IBGA )が設立され、ブラインドゴルフの世界的な運営推進が行われています。また、半田氏は満場一致で IBGA の総裁に推挙され、今日に至っています 。

女子シニアゴルフとの出会い

 2003年、 JBGA は15周年を迎えました。この記念すべき年に、“日本のセント・アンドリュース”と言われる日本最古のゴルフクラブ、神戸ゴルフ倶楽部で、 JBGA のブラインドゴルフ大会が開催されたのです。

 この年、神戸ゴルフ倶楽部はちょうど100周年でした。このとき半田氏は、神戸ゴルフ倶楽部の方から、「最初の100年はゴルフの普及。次の100年はゴルフの社会貢献」ということを聞き、非常な感銘を受けたのです。

 それ以来、半田氏は、ブラインドゴルフ以外にも、ゴルフの社会貢献の道を模索し始めました。そして、その翌年(2004年)、稲葉真寿美プロとの出会いがあり、女子シニアは試合に出る機会に恵まれていない、という実状を知ったのです。

 50 歳でシニアとなる男子と違い、女子は 45 歳でシニアとなります。平均寿命がますます伸びている現代では、女性が45才でシニア、男性は 50 才でシニアといっても、まだまだ若い盛りというプレーヤーも多いものです。しかも、シニアプレーヤーは年々増えていくのです。しかし、男性のシニア公式戦は、日本やアメリカや欧州にもありますが、女子シニアの公式戦は、当時は世界中でアメリカにしかなかったのです。

 そこで、女子シニアゴルフの振興のために、半田氏の呼びかけで、米国のブラインドゴルフ協会もサポートしている The LEGENDS Tour (旧米国女子シニアゴルフ協会〔 WSGA 〕)の協力を得て、米国女子シニアの公式戦を日本で行い、それをオープンする大会を開催したのです。

 こうして2005年4月、特定非営利活動法人日本ブラインドゴルフ振興協会( JBGA )と、世界ブラインドゴルフ協会( IBGA )、 The LEGENDS Tour (旧米国女子シニアゴルフ協会〔 WSGA 〕)の三者共催で、「第1回ワールドシニアゴルフ レディースオープン選手権」が、日本で開催されました。

 海外からは、ゴルフ世界殿堂メンバーが3名、すなわち優勝回数88勝で、男女含めて優勝数世界一のキャシー・ウィットワースや、パット・ブラッドリー、パティー・シーハンが来日。さらに、南アのサリー・リトル、美しいフォームで有名なシンディー・ラリック、また、よくゴルフカレンダーに登場したジャン・ステファンソンなど、今も多くがレギュラーで活躍する海外のビッグスターが参戦しました。

 日本からは、日本女子の生涯賞金女王のト阿玉、第2位の吉川なよ子、第5位の森口祐子らが出場し、熱戦を繰り広げたのです。

 続いて2005年6月、 JBGA の主催で「 JBGA シニアレディスカップ」が開催され、日本女子プロゴルフ協会( JLPGA )の全面的協力を得て、国内の女子シニアプロが多数出場しました。

 すると、これらの試合がきっかけとなり、同年10月には「2005大宝シニアレディースカップ」、11月には LPGA シニアトーナメント「ふくやカップ2005 マダムオープン」という、二つの女子シニアの大会が行われたのです。これで、女子シニアの大会は年間5試合になりました。

 翌年、2006年4月には、「第2回ワールドシニアゴルフ レディースオープン選手権」が、太平洋クラブ御殿場コースで行われ、再び世界殿堂メンバー達が来日しました。

 2006年11月には、半田氏が代表取締役所長をつとめる菱研が主催する、「菱研シニアレディースカップ」も行われています。

  さらに、2006年から、日本女子プロゴルフ協会( JLPGA )で、シニア登録の制度が始まり、122名が登録しました。日本女子シニア初のQT(クォリファイングトーナメント)が行われるなど、女子シニアゴルフはわずか1~2年の間に、大きく発展したのです。

  女子シニアプロのバイタリティあふれる活躍や魅力は、ゴルフの面白さや可能性を広げ、アマチュアゴルファーのやる気や技術の向上にも役立ちます。そして、これらの大会は、いま活躍している女子プロ達の、将来の受け皿を作るものでもあるのです 。

大会パンフ

海外でのシニアゴルフの振興

 海外では、 ISPS は The LEGENDS Tour と協力し、 2006 年 11 月、オーストラリアで「 HANDA AUSTRALIA CUP 」を開催しました。

 これは、男子シニア、女子シニア、男子ジュニア、女子ジュニアが一緒に、ひとつのタイトルを争う世界初の大会です。シニアは、ジュニアに自らの熟練の技を伝え、ジュニアはシニアのすぐれた技術やゴルフへの姿勢、またマナーや経験智を継承する機会を得、非常に意義深い試合でした。そして、地元のマスコミからも、大変注目されたのです。

 また、2006年12月、 ISPS では、 The LEGENDS Tour と協力して、「 HANDA CUP AMERICA 」を開催。これは、女子のソルハイムカップや男子のライダーカップといえる、女子シニアのための大会で、米国女子シニア対世界選抜女子シニアの団体対抗戦です。フロリダ州セントオーガスティン(世界ゴルフ殿堂)で、世界で初めて行われました。日本からは樋口久子プロが、世界選抜チームのキャプテンとして参加しました。

 この試合は、圧倒的な強さで米国チームが勝ちましたが、地元のテレビや新聞、ゴルフ雑誌に大きく紹介されました。しかし、何よりも感動的だったのは、ウェルカムパーティーが世界ゴルフ殿堂のホールで行われ、参加選手と大会の名が、ゴルフ殿堂のレンガの道に刻まれたことです。即ち、世界のゴルフの歴史に、新たな1ページを印したわけです。そして、そのことを、ゴルフ殿堂のコミッティーが認めてくれたことの意義が大きい。この大会も、毎年行われる予定です。

  そして 2007 年、日本プロゴルフ協会( PGA )のお申し出により、 ISPS では、男子シニアゴルフの3大公式戦の一つとなる、「 PGA ・ Handa Cup フィランスロピー シニアトーナメント」に特別協賛する運びとなりました。この大会は、シニアツアーの史上最高賞金総額、及び史上最高優勝賞金となるものです。そして、フィランスロピー(人類愛)という大会主旨に基づき、賞金の一部は社会福祉団体に寄付されるものです。また、プロアマ戦には、ブラインドゴルファーが10組出場する予定です。 ISPS では、今後は女子シニアと並んで、男子シニアの振興も、活動の柱のひとつとして支援していくものです。