ゴルフレポート

twitterタイガーの優勝に他のプロたちの反応は?

 ゴルフ史上、記憶に残る歴史的なタイガー・ウッズのマスターズの優勝に、世界中のゴルフファンたちが歓喜し、感動を呼んだ。一方、フランチェスコ・モリナリやザンダー・シャウフェレのように、あと一歩でグリーンジャケットを逃した選手たちもいた。タイガーの歴史的な勝利に花を添えてしまった選手たちが、今回のタイガーの優勝をどんな風に見ていたのだろうか?


●フランチェスコ・モリナリ(5位タイ、11アンダー)
最終日、単独首位でスタートしたモリナリ。12番ホールと15番ホールで痛恨のダボを叩き、優勝争いから離脱した。

「もちろんタイガーが調子良くプレーしているのを見るのは素晴らしいことだったよ。去年、一緒に彼とプレーしていて遅かれ早かれ、この瞬間がくることはわかっていた。正しいショットを打つべき時に打ち、優勝に値するプレーだった。彼の歴史や復活を目の前で見ることができたんだから、こんなに素晴らしいことはない」


●ザンダー・シャウフェレ(2位タイ、12アンダー)
バック9に入って、11番、13番、14番でバーディを取ったものの、タイガーにあと1歩及ばず。

「今回の状況はとてもユニークだ。(負けても)全然悲しくないんだから。最終ホールでキャディに、僕たちはこの場所で勝てるってことは証明できたねって言われたんだ。タイガーが18番から歩いてきたのを見た時、懐かしかった〜。赤のタートルネックを着ているのを見て、僕が子供の頃に見たそのものだって。今では彼のことをほんの少しでも知るようになって本当に最高。彼にはおめでとうって言ったよ」


●ブルックス・ケプカ(2位タイ、12アンダー)
最終日バック9で、12番のパー3でダボを叩くも、すぐ次の13番ホールでイーグル、15番ホールでバーディを取り返した。

「僕は彼とのバトルをエンジョイしたよ。今回は僕よりも彼のほうがよかっただけ。楽しかった。彼もかなり興奮していると思うけど、こういうことがまたあればいいね。昨年、全英オープンの時にも言ったけど、彼はもう勝つ準備ができていたと思うよ」


●トニー・フィナウ(5位タイ、11アンダー)
最終日、最終組でタイガー、モリナリとともにスタート。バック9では1イーグル、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいラウンドとなった。

「今日は僕の小さい息子が来ていたが、将来彼にはタイガーが15勝目を挙げた時、僕もいたということを伝えるつもりだ。タイガーのことや、彼が今までにゴルフ界のためにやってきたことは語りつくせない。15勝できてよかった」

twitter