ゴルフレポート

twitterタイガーがマスターズで埋めた11年間の空白とタイガーが歩む次のステップ
【マスターズ】

 タイガーのマスターズ優勝までの道のりは、前人未到の山登りのような行く末のわからない険しいものだった。腰の手術を受け、リハビリに励んでいたのは今から2年前。タイガーの言うように、歩くことも難しく、痛み止めを飲みながら、治療に専念する日々が続いた。医師の指示に従って、パターやアプローチなど少しづつ練習はしていたものの、本人も「以前のようなレベルで試合に出て、優勝争いができるかどうかはわからない」状況だった。

「数年前は歩くことも、座ったり、横たわることもできなかった。何もできなかったんだ。それが幸い、腰の手術がうまくいって、普通の生活が送れるようになった。そして突然スイングすることもできると気づいた。体は昔の若い頃のものとは違うが、まだ技術はある。過去のメジャー14勝はいつも単独首位か首位タイで最終日を迎えていたが、こうして逆転優勝できたことは、おそらく過去最大の勝利のひとつだろう」

 ここは名医を讃えるべきであろうが、タイガーの手術は成功し、その後のリハビリも時間はかかったものの順調に進んだ。昨年からツアーには本格復帰し、復帰戦のファーマーズインシュランスで23位タイに入り、バルスパー選手権で2位タイ、アーノルド・パーマー招待で5位タイに入る活躍を見せた。その後、全英オープン6位タイ、全米プロ2位など、メジャーでも戦えるレベルにまで復活してきたのである。そして9月のフェデックスカップ・ファイナルではトップ30 入りを果たし、最終戦のツアー選手権で2013年以来5年ぶりの優勝。この勝利でタイガーは「自分はまだ試合で勝てる」と確信した。そしてその自信を胸にマスターズで戦い、ついに14年ぶりにマスターズを制覇。11年ぶりのメジャー優勝を果たした。

 タイガーがメジャー優勝を最後に遂げたのは、ヒザを負傷し、痛みをこらえながら、ロッコ・メディエイトとのプレーオフを戦い抜いて優勝した08年の全米オープン。ヒザのケガを抱えながらも、片足でメジャーを勝てたのだから、ケガさえ治ればもっと簡単に優勝できるーー当時は誰もが、ジャック・ニクラスのメジャー18勝の記録など、あっという間に抜き去り、あと100年以上は誰も記録を塗り替えることのないくらい、圧倒的な勝利数を挙げ続けるだろうと予想していたと思う。

 だが、現実にはその後、不倫が発覚しエリン夫人とは離婚。私生活のトラブルが引き金となって、一気にタイガーは人生の谷底を見ることになる。2015年のファーマーズインシュランスオープンで見た、タイガーのあの痛ましい姿は今でも忘れられない。練習場でショートアイアンを打っても、まともに真っすぐ打つこともできず、アプローチもシャンクの連発。思わず周囲に居合わせたパット・ペレツやビリー・ホーシェルが彼の打席に歩み寄り、手振り身振りを交えながら、打ち方を教えていた。「今のタイガーなら、勝てる自信がある」……プロだけでなく、アマチュアでもそう思えるほど、当時のタイガーはボロボロだった。あれほど他を凌駕し世界王者の座に君臨していたタイガーが、彼のプライドもズタズタになりながら、ひどい姿を晒して練習していたのは、今からたった4年前のことである。

 何度も繰り返されるケガと手術に見舞われる日々も、彼のツアー人生をメチャメチャにした。メジャーどころか、通常のツアー優勝さえも不可能なのではないか?と思われたほどだ。ゴルフファンだけでなく、おそらくタイガー自身も、この空白の11年間は予想できなかったのではないかと思う。ゲーリー・プレーヤーやアーノルド・パーマーにも「タイガーは再び優勝できると思うか? メジャーで勝てるか?」と質問したことがあったが、彼らの答えは「メジャーはNO」だった。

twitter